小説『記憶のいろは』第二章その四

no image
 男性は白衣を着ておらず、眉は八の字に曲がり、口元は微笑みをたたえ、人のよさそうな顔をしている。  髪も眉も真っ白になっているほど高齢だが、痩せているせいか年齢不詳というところがある。  まるで…

続きを読む

伊々実の詩『専用列車』

no image
専用車両 当電車は 前三両が 女性専用車両 後ろ三両が 金持ち専用車両となっております 年収一千万以下の方が乗られますと 指をさされて笑われますので ご注意ください

続きを読む