小説『記憶のいろは』第三章その三

no image
 『学校へ行きたくない!』という気持ちがあふれ出し私は目を覚ました。  一瞬ここはどこだと戸惑うが、少ししてから聡美さんの家だと理解する。私の子供時代はもう過ぎ去っているのだ。  私は噴き出した…

続きを読む

芥川賞、直木賞発表。そして私は。

no image
毎年ニコニコ生放送の芥川賞直木賞の発表の中継を楽しみにしています。 今回は直木賞候補作一作も読めなかったのですが、 前評判の高かった恩田陸さんの『蜜蜂と遠雷』が受賞しましたね。 図書館でもう借…

続きを読む

小説『春を待つ蟻』第一章その十四

no image
 ガタンと車両が大きく揺れて、私は目を覚ました。腕時計を確認すると針は五時五十分を差している。  どうやら私は一時間以上眠っていたらしい。  目をこすりながら正面に座る愛名を確認すると、彼女はス…

続きを読む