小説『記憶のいろは』第二章その七

no image
「ひー。こっちだよー」  彼女は洗面所から顔をのぞかせ、手招きしている。  私が近くまで行くと、「ほらみて」と腕を引いて洗面所へと誘う。  私の目に飛び込んできたのは、カレンダーに覆い…

続きを読む

タヌキ、キツネの話。

no image
この前偶然、宮城蔵王キツネ村という キツネと触れ合えるところがあることを知りました。 URLはこちら。 この動物園(?)はエキノコックス対策を万全にしているらしく、 キツネに触れ合えるらしい…

続きを読む