小説『記憶のいろは』第一章あらすじ

no image
――私はいったい誰なのだろう? 私の記憶は突如、居酒屋街から始まった。 踊り出したい気分で、近くにいた女性に絡むと、その女性は何かにおびえるように震えていた。 「お姉さん、月がきれいだよ」…

続きを読む

小説『春を待つ蟻』第二章その一

no image
「おばちゃん、起きて! 早くしないとバイキング終わっちゃう!」  ……おばちゃん。まだ私はおばちゃんじゃない。いや、おばちゃんか?  私は寝ぼけ眼で声のしたほうを見ると、プンプンと怒った…

続きを読む

小説『記憶のいろは』第三章その七

no image
「私って本当に誰なんだろう……」  全ての店舗を回った私は、一昨日の聡美さんと同じく、生け垣の間に座り込み頭を抱えていた。  日も暮れ一昨日と同じように飲み屋の看板が点滅している。  …

続きを読む