小説『記憶のいろは』第二章あらすじ

no image
朝、目が覚めると、彼女は仕事に出てしまっていた。 そして置手紙と、手書きの地図が置いてあった。 「ルームメイトと共同のお財布を使っていいこと」 「食事はちゃんととること」 私は彼女に感謝しつ…

続きを読む

小説『記憶のいろは』第一章あらすじ

no image
――私はいったい誰なのだろう? 私の記憶は突如、居酒屋街から始まった。 踊り出したい気分で、近くにいた女性に絡むと、その女性は何かにおびえるように震えていた。 「お姉さん、月がきれいだよ」…

続きを読む