小説『春を待つ蟻』第二章その五

no image
「群馬についたら、姉ちゃんが好きだった『焼きまんじゅう』食べさせてあげるよ」 「焼きまんじゅう?」 「うん。まんじゅうって言うけど、基本的にあんこが入っていないまんじゅう。甘いお味噌を塗…

続きを読む

小説『記憶のいろは』第四章その三

no image
「……受験嫌だな」  あまりにもはっきりとした自分の寝言に驚いて飛び起きると、ベッド脇に座っていた聡美さんが「受験? 受験って何?」と目を丸くしている。  その光景で今の状況を把握する。 …

続きを読む