小説『春を待つ蟻』第三章その六

no image
「……ごめんね、私がもっと真名にきっちり言っていれば真衣ちゃんも苦しまずに済んだのにね。もう本当に真名は」  いつの間にか直美さんの言葉も震えていた。  そうだ。直美さんだって親友を亡くした…

続きを読む

小説『記憶のいろは』第五章その十一

no image
 ボストンバッグ二つとはいえ、かなり重量のある荷物を持って東京駅まで行くのはかなり難儀した。  途中、美衣とよくいったファストフード系列店でダブルチーズバーガーセットを二つ買う。  美衣はい…

続きを読む

なぜ印刷所に頼むのか分かった……

no image
春を待つ蟻、見直しも終了し、現在印刷中です。 そして印刷した10冊分、印刷ミスを犯していたことに気が付きました。 ……絶望しています。 文章の問題ではなく余白の問題でして。 ……読めればいい…

続きを読む