小説『春を待つ蟻』第四章その十五

no image
 インターフォンを鳴らすと、少ししてから「はい」と母の声がスピーカーから聞こえてきた。 「真衣です。愛名連れてきたよ」 「えっ!」  母は一つ驚きの声をあげて、スピーカーを切ってしまう…

続きを読む

小説『記憶のいろは』第八章その二

no image
 聡美さんと向き合う形でローテーブルの前に座るが、聡美さんの怒気をはらんだ雰囲気に気圧されてしまう。  彼女は一体何を怒っているのだろうか。  離れて生活していたこの三日間に一体何が起こったのか…

続きを読む

専門家に説明するという愚行。

no image
先月の27日、文学フリマの感想を書きまして、そこから一ヶ月、更新し続けてみました。 文章を書く練習になればとやってみたのですが、以外に続くものです。 毎日毎日書くことねえよ、なんて思っていたんで…

続きを読む