小説『春を待つ蟻』第四章その十四

no image
 新瑞橋駅のH7出口から地上に上がると、もうあたりは暗くなっていた。  街灯の明かりを頼りにあたりを見渡すが、どの建物も記憶をかすりともしない。  淡い期待は自分に裏切られてしまう。 「ご…

続きを読む

小説『記憶のいろは』第八章その一

no image
 陶器が何かに当たる音で、私は目を覚ました。  視界いっぱいに広がるのは見覚えのある天井だった。 「ひまわり、起きた?」  私の右側から聡美さんの声が聞こえる。  私は顔をそちらに向…

続きを読む

怖い話の難易度

no image
今日、血液検査を行ったのですが、上手く取れずに 4回針で腕をぐりぐりされた木村です、こんばんは。 (ものすごく謝られたので逆に申し訳なかったぐらいでしたが) この前読書師匠と会ってきまして…

続きを読む