小説『春を待つ蟻』第三章その十八

no image
「ああ、愛名さん。お腹はすいていませんか? 水野さん、愛名さんは夕食を取られました?」  姿勢を戻した店長の目は少し赤く染まっている。  大の大人の、しかも男性がこんな顔をするとは思わず、私…

続きを読む

小説『記憶のいろは』第六章その十一

no image
 そこの掲示板を丹念に見ていくと、『新作マダー?』の記述の後に『最近榊画廊で出てないっぽい』と気になる書き込みを見つけた。  日付は去年の年末に書かれたものだから、約四ヶ月前の書き込みだ。 …

続きを読む

自称特別な人間のおばあちゃん。

no image
軽い単行本は一冊読んではいたのですが、 久々に村上春樹氏の本を読んでおります。 『騎士団長殺し』上巻。 私は本を読むのが早い方ではないです。 日本語は大丈夫になったとはいえ、ディスレクシ…

続きを読む