小説『記憶のいろは』が第三章に突入

やっと『記憶のいろは』が三章に突入しました。

いきなり小学校の話になりますが、もちろん話は繋がります。(笑)
これからどんどんひまわりの記憶の謎が解明されていきますが、
それはどんどん不穏な空気になる証。
一応最初ホラーとして書き出したので、そういった話になりますね。
今後ともよろしくお願いします!

この記事へのコメント