芥川賞、直木賞って?その1

芥川賞と直木賞は、文藝春秋社が主催する文学賞です。
年に二回、7月(上半期)と1月(下半期)に発表されます。
候補作が出るのは大体1ヶ月前。
芥川賞は純文学作品に与えられる賞で、直木賞は大衆文学作品に与えられます。

と、ここまでがよくある賞の解説。
ここから詳しく書いていきますよ~!

この二つには純文学、大衆文学以外に大きな違いがあります。
芥川賞は新人賞の側面があり、直木賞はベテランに与えられる賞なのです。
どうしてそうなるかと言えば、
直木賞は販売されている本で審査されるんですね。
でも芥川賞は純文学雑誌に載っている作品(つまり本になっていない)が審査対象です。
あと芥川賞だけ、同人誌も審査対象になります!

とはいえ、同人誌を審査しているのかどうか。
この前「純文学の楽しさって?」で書いた黒田夏子さんの「abさんご」は、
久々に同人誌から受賞した作品でもあるんですね~。
(ちなみに黒田さんは芥川賞の最年長受賞者でもあります)

あといちばん大事なのは、
「芥川賞、直木賞は別に最高峰の賞ではないよ!」ということ。
なんでこれほど注目されるようになったか。
それはひとえに「石原慎太郎」の存在。

今ではあんな感じですけど、石原慎太郎が太陽の季節で芥川賞をとった時、
それはもうすごかったらしいです。
勃起したもので障子を破ったりとか、まあ、当時としては激しい内容でしてね。
選考員も二分しましたし、それだけではなく、世間が衝撃を受けたんです。
そういった経緯でこの二つの賞は注目されるようになりました。今調べてみましたら、
直木賞も一応『同人誌』も選考に含むらしいです。
どのぐらい前に候補に上がったかは不明です。(汗)

この記事へのコメント

  • 友咲 サエ

    わー全然知らなかった。面白い!
    芥川賞がそんな自由な賞だったなんて。
    いつも注目されているけど、センセーショナルだからなんだね。
    意識変わったっす!
    2017年05月08日 23:32
  • てるい

    芥川賞、直木賞は聞いた事があるのですが、内容について知ったのはブログを通してです。だからといって読んでみたいかというと、それは別物で、小説に浸かりたいかというとそうでもないんです。私と文学との接点が、ここにある、そんな感じです。 I
    2017年05月10日 07:33
  • 木村草子

    >友咲 サエさん
    うん、芥川賞って自由かも。
    石原慎太郎のおかげで、センセーショナルになったんだよねぇ。
    純文学は自由な文学と思ってくれてOK。
    まあ、そのかわり難解なときがあるんだけどねぇ。
    2017年05月13日 23:30
  • 木村草子

    >てるいさん
    芥川賞は玄人好きする賞ですけど、直木賞は小説にこれから取り掛かる人にうってつけですね。
    有名な賞だとは言え、ニュースの一つでしかないですからね。
    私は小説だけでなくて、文字を読むのが好きなんだと思います。
    きっとだからこそ浸かりたくなるんです。(笑)
    2017年05月13日 23:32