老人特有。

父の耳が遠くなって随分経つのですが、
最近その傾向があまりにも顕著なのです。
私は二階にいるのですが、一階の会話が聞こえてくるんですよ。
で、朝から大喧嘩してるなーと思ったら、ただの説明だったり。
母と私の精神衛生上よくないんですよねぇ。

あまりにも酷いので、今回の父の日は集音器にしました。
補聴器は何十万ってするんですけど、集音器は安いもので二千円前後。
補聴器を買うほどでない場合、まずお試しに集音器を購入するといいみたいで。
電池がさほど持たないのが難点なんですけど。
今日商品が届いたので、簡単な動作確認をしてから父の元へ。

父喜んでくれてね~。
「こんないいものもらっちゃったよー」なんて言っていたんです。
テレビの音も小さくなって、私が小さな声で喋っていても聞こえる。
「よーく聞こえるな~」と言っててね、私は満足したんですよ。

で、先程父のもとへ行ってみたら、集音器を外している。
その後夕食をとったのですが、
完全に集音器の存在を忘れて、ほったらかし……!Σ(゚Д゚)
まさか……その商品自体を忘れるなんて……。
母も「多分、忘れちゃったのね」と苦笑い。
……老人特有、半端ねえ。

この記事へのコメント

  • てるい

    耳が遠くなる、障害全般ですが、自分だけはなりたくないと思うんです。歩けなくて車いすや寝たきり、なりたくないんです。医療に生かされてれば、自然とそうなるのかもしれません。今の私は、視力が悪いです。視力だからいいかとも思うんですが、障害だと言う事は確かです。 I
    2017年05月31日 20:58
  • 木村草子

    >てるいさん
    障害が出ると色々と面倒なことになりますからねぇ。
    歩けなくて車椅子、寝たきり等も嫌ですが、
    私は失明することのほうが嫌ですね。
    本が読めなくなるじゃないですか!(泣)
    私も眼鏡がないと生活できないのですが、これ以上目を悪くしたくないです。
    2017年06月17日 23:37