小説家になろうに書いている。

とは言え、春を待つ蟻なのですが。
でもメフィストに送るために修正を入れるのに、ちょうどいいんですよ。
なので今まで分かりづらかった所など更新しております。
基本的に21時に更新しています。
(時々予約更新ミスして出来ない時があるんですけど)

最初から読んでないー。読みやすいところで読みたいー。
という方がもしいらっしゃいましたら、
こちらを御覧ください~。

なろうに書こうと思ったのは、何度もこのブログに登場する友咲氏の影響です。
わからない事が多いので、先輩がいるのは本当にありがたい!
その友咲氏も最近新しい小説をはじめまして。
夢見姫』という和風ファンタジーです。
(題名を変更する予定とのことなので、リンク先の小説名が変わっている場合があります)
この小説、すごく面白いのに(私のツボなのに)あまり見られていないようで。
大々的に宣伝をしたいなと。(笑)
多分、昔話であったり、伝説(民話)などそういったものが好きな方にいい。
私は古事記も、日本書紀も、遠野物語も、昔話も大好物なので、面白くてしょうがない。
これからの更新が楽しみなんですよ~。

ちなみに話は変わりますが、今書いているホラー小説。
まさかのミステリーになっています。(遠い目)
まあ、最初から謎は設定していましたけど、ホラーじゃなくなるなんて……。
私はホラーが下手なのかもしれない。(今更)

この記事へのコメント

  • てるい

    どんなホラーを書くか、最初っからガンガンなのか、読み進んでいくと怖いって感じになるのか、後者を選びましたね。ここで怖いの定義を論ずるつもりはありませんが、怖いというのは不条理とはかなり違います。そう考えると、私もホラーは書けません。面白ければホラーでも構わないと思うのですが、面白いホラーってますます難しくなります。 I
    2017年06月01日 16:16
  • 木村草子

    >てるいさん
    最初からエンジン全開の小説ってどうもかけないんですよね~。
    不条理ではないです、どっちかっていうと人間の怖さですね。
    でもここ三週間、書いていたホラー全部手直ししたんです。(-_-;)
    なんだか違う!ってなってしまって。
    怖さが面白いと思える方には、ホラーは面白いですけど、
    怖さが文字通り怖い方にはホラーはストレスでしかないですね。(笑)
    2017年06月17日 23:49