明日はニコニコ生放送で。

明日ニコニコ生放送で、
第157回芥川龍之介賞・直木三十五賞、受賞者記者会見を生放送!
があるのですよ!!

毎回このために、年に二回、一ヶ月の間に慌てて本を読むくらい楽しみなんです。
とは言え、今回も全部は読めなかったんですけどね。
文学フリークは要チェックだ!

そして私が今同時進行している小説、いつの間にか三作になってしまいまして。
二作はもともと書いていた作品で、
そして一つは実験的な小説を初めてしまいました。
三人称が不得意だったので、それの練習も兼ねての小説です。
かといって、どこかに発表するとかあるのかわからないんですけどね~。

『神託(仮題)』ヒューマンドラマ
ある日突然、会社に『神』を名乗る人物から主人公に電話がかかってきた。
クレームだと思い、主人公は会いに行くのだが、
そこで待ち受けていた『天使』を名乗る男に、「近々死ぬ」と神託を受けてしまう。
神とは一体誰なのか、一体何が目的なのか。

という話と、

『風土病(仮題)』ホラー
出版社にノートを持ち込んできた女がいた。
そのノートは半年前この職場をやめ、ある島へ嫁いだ女性が書いたものだと言う。
そこには大量殺人を行う旨と、その理由が書かれていて……。
現在進行系の大量殺人と、その女性が何を思ってそんなことをしでかそうと思ったのか?

という話と、

『異世界へさようなら』SFファンタジー
国際政府が『宇宙移動及び、宇宙適応実験』と名付けた計画が行われる世界。
その実験に参加したものは多くの金を手出来、
貧困の人々はこぞってその実験に参加を希望する。
主人公の一人は国際政府に父が勤めている女子高生。
そしてもうひとりは、実験に参加する男子高生。
この実験の真の目的とは?

という話の三本。
風土病は今年のホラー小説大賞に送る予定でしたが、間に合いそうもないので、
来年送ろうと思っています。
あとの二つはどうしようかな~という感じです。
これ読みたい人いるんですかね?
いたら小説家になろうにでもアップしようと思うんですけど。

……まあそんなこと言ってないで、とにかくかき続けなければ。

この記事へのコメント

  • てるい

    今日はショックな事があって、勘違いで、別な大根の種子を売っちゃったんですよ。何で頭が切り替わらなかったんでしょう。小説3本も、頭の切り替えが大事で、情景が浮かんでこないと、書けないんでしょう。頑張ってみて下さい。楽しむのが1番かな。 I
    2017年07月23日 15:58